ワードを使ったチラシの作り方。一度作り方を覚えるとチラシに限らず、旅行の日程案内やパーティーの案内状など、仕事・趣味の様々な場面で活用できます。     
ワード チラシの作り方
 AD-TIMES
 
 
イベントの楽しさや商品の魅力は、文章だけではなかなか伝えきれませんよね。
チラシにたった一枚の写真を入れることによって、わかりやすくなってインパクトが強くなる。
そんなことは分かってるけど写真やイラストを載せるためにマニュアル本を読むのも面倒だし・・・・・
そんなあなたのために要点をこれ以上ないくらい簡潔にまとめて、
カンタン!キレイな手作りチラシを目標にワードを使ったチラシの作り方を紹介します
説明しているワードのバージョン はMicrosoft Office Word 2003。
機能やボタンの位置などお使いのバージョンと少し異なる点もあるかも知れませんが、
スキルアップのためにちょっとだけがんばってみてください。
慣れたら自分なりの使い方を発見、
いままでにないオリジナルのチラシを作って趣味に仕事に活かしてください
 


Windows7  Microsoft Word 2010バージョンはこちらへ
 
 
 用紙  キャッチフレーズ  ボディーコピー  ビジュアル
 写真  仕上げ  文字の装飾  地図
 
     
  ワードの起動   パソコン画面の左下の[スタート]をクリック→[Officeドキュメントの新規作成]をクリック→[新しいOfficeドキュメント]標準タブの[新しい文書]を選択→OKボタンをクリック→文書1というワード画面が出たらファイルメニューの[名前をつけて保存]をクリック→保存先をデスクトップに指定、適当な文書名を入力(後で変更可能)して[保存]ボタンをクリック   
   
    ページトップへ  
  チラシ用紙の設定   ファイルメニューの[ページ設定]をクリック→ページ設定画面の[文字数と行数]のページ(標準は横書きが指定されています。)左下の[グリッド線]ボタンをクリック→[グリッド線設定]のページが表示されたら一番下の[文字グリッド線を表示する間隔]のチェックボックスにチェックを入れる。すると本数が右に表示されるので2本を入力→[OK]ボタンをクリック→次に[余白]タブの画面へ→上下左右すべて10ミリを指定、印刷の向きは用紙を縦に使うか、横に使うかレイアウトしやすい方を選択→用紙タブの画面にて、サイズがA4になっていることを確認→ページ設定画面下の[OK]ボタンをクリック。  
   
   ページトップへ  
  文字や写真を載せるための
道具を用意
  ツールバーの[図形描画]ボタンをクリック→画面の下に図形描画の機能ボタンが並びます。    
   
   ※操作に失敗した時は、画面再上部の矢印[元に戻す]をクリックすれば大丈夫です。  
  チラシのキャッチフレーズ
レイアウトする
  [図形描画機能]ボタンのなかから[テキストボックス]ボタンをクリック→文書用紙の左上部の適当なところで左クリック、押さえたまま右(少し右下)へ移動、ある程度大きな長方形ができたところでマウスの右ボタンを離す。→ツールバーの[フォントサイズ]で文字の大きさを指定。この場合タイトルなので48ポイントを選択。ツールバー[フォントスタイル]で書体はお好みで指定を。文字を太くしたり、斜体にしたり、文字の色、中央揃えも[ツールバー]で指定できます。
とりあえずやっておいて、全体が出来上がってきたところで、サイズ等を調整します。
 
 
   
  ページトップへ  
  リードコピーやボディーコピーを書き込む   タイトルと同じ要領でテキストボックスを用紙に配置。文字の大きさは12ポイントくらいで。とりあえず打ち込んでおいて、後で全体を見ながら調整。   
   
    ページトップへ  
  チラシのメイン・サブヴィジュアルを入れる   まず[ツール] メニューの [オプション] をクリック。[全般] タブをクリック。 [オートシェイプの挿入時、自動的に新しい描画キャンバスを作成する] チェック ボックスをオフして浮動として設定。
→タイトルや本文の要領でテキストボックスを用紙に載せたい写真の数だけ配置。そのなかの一つを選択して、[図形描画機能]ボタンの中から[図の挿入]ボタンをクリック。
→[図の挿入]画面で挿入したい画像をWクリック ※あらかじめデスクトップに使いたい写真をコピーしておくと探す手間が省けます。→この作業を載せたい写真の数だけ繰り返します。
 
   
   ページトップへ  
  写真の上に文字を枠なしで重ねる   メインの写真を挿入すると、タイトルや本文が隠れた状態になっていると思います。文字を写真の上に出して、文字の入ったテキストボックスを透明にします。
まず、写真を入れたテキストボックスを選択して、右クリックで機能を呼び出します。→機能ボタンの中から図形の[順序]にポインタを運んで、[最背面に移動]をクリック。
→次に、文字の入ったテキストボックスを選択して、[図形描画機能]ボタンの中から[塗りつぶしの色]ボタンの右側のオプション▲ボタンをクリック。色の選択画面の一番上の[塗つぶしなし]をクリック。→まだテキストボックスの線が残っているので、それを消しましょう。先ほどの[塗りつぶしの色]ボタンのすぐ右側に[線の色]ボタンがあります。▲ボタンをクリックして、線の色選択画面で[線なし]をクリック。
  
 
   
   
    ページトップへ  
  チラシ全体の仕上げ   後は、同じ要領で商品名、価格、商品の説明文、店名等を入れていってください。全体の調整をするときはツールバーの印刷プレビューで確認しながら作業すると分かりやすいと思います。  
   
  @以上の作り方で、チラシの見本をアップしています。
 
    ページトップへ  
  写真のフレームの形を変えて
チラシをより楽しくする
  写真のフレームをマウスで選択(写真のぎりぎり外側をクリック)、画面の下に並んだ[図形描画]機能ボタンの[図形の調整]をクリック、すると機能メニューから、[オートシェイプの変更]へマウスを移動、とりあえず[基本図形]へポインタを運ぶといろんな図が出てますが、練習用に額縁を選択。→線の色を変えたい方やフレームの線を消してしまっている方は[図形描画]機能ボタンの[線の色]ボタンをクリックして好きな色を選択→額縁の色は[塗りつぶし]ボタンより好きな色を選んでください。  
   
   ページトップへ  
  フレーム面の色や効果にこだわる   [塗りつぶし]ボタンをもう少し使ってみましょう。ボタンの横の▲を押すと塗りつぶしの色選択画面がでてきます。その画面の一番下にある[塗りつぶしの効果]ボタンをクリック→[塗りつぶしの効果]ボックスの[グラデーション]タブや[テクスチャ]タブを使ってイメージに近いものに作り上げていってください。→その他、[影つきスタイル]や[3−Dスタイル]を使ってもっともっと楽しく仕上げてください。   
    A以上の作り方で、チラシの見本2をアップしています。
 
    ページトップへ  
  ワードアートで文字を楽しく、表情豊かに   タイトルや写真の時と同じように、レイアウトしたい場所にテキストボックスを配置。→[図形描画]機能ボタンの[ワードアートの挿入]ボタンをクリック。[ワードアートギャラリー]の画面で好きな見本をクリック。→[ワードアートテキストの編集]画面で、なるべく短い文章を打ち込み、大きさや太さ、書体を指定する。[OK]ボタンをクリック。→レイアウト用紙に選んだワードアートが現れます。同時に[ワードアートの編集]バーが現れるので、文字の波打ち具合やテキスト、色などを最終調整。納得したら編集バーの×ボタンで終了。  
   
    Bワードアートを使ったチラシのキャッチフレーズ見本をアップしています。
 
   ページトップへ  
  グーグル地図の貼り付け方   @挿入したい地図の縮尺を決定、右クリックメニューで[コピー]。
AWindowsスタート→プログラム→アクセサリ→ペイントから「ペイント画面」を開いて、右クリックメニューで先ほど[コピー]した地図を[貼り付け]する。→ペイントで文字入れや現地のマーキングをしたら、必要な部分を[切り抜き]で選択。そのまま選択した部分を右クリックメニューで[コピー]。
Bチラシの画面を開いて、適当な大きさの[テキストボックス]を作って、その中に右クリックメニューで先ほど[コピー]した地図を[貼り付け]。これで出来上がりです。
 
   
 

ワードを使った地図の作り方を
見本付で公開中!

 

ワード地図をチラシへ貼り付ける
カンタンな方法

 

カンタン!
表の作り方を紹介

 
 
  拡張子を出さない設定   パソコンを共同で使っていたりすると、ファイル名を入力しようとした時、名前の後に.txtとか.doc .xml.jpgなどの拡張子が表示される設定になっていることがあります。うっかり拡張子を消してしまうとファイルが使えなくなったりします。そんなミスを予防するために拡張子を表示させないように設定しておきましょう。
ではまず、デスクトップの何も無いところにポインタを置いて、右クリック。すると機能がズラリと並ぶ、[新規作成]にポインタを移動させると、メニューが出ます。ポインタを右へスライドさせて、[フォルダ]の上でクリック。→デスクトップに新しいフォルダが出現。そのフォルダをWクリックで開いてください。→フォルダの上部に配置されているメニューの中から[ツール]ボタンをクリック。表示された機能のなかで[フォルダオプション]をクリック。→オプション画面の[表示]タブを選択。詳細設定をスクロールして[登録されている拡張子は表示しない]のチェックボックスにチェックが入っていなかったら、チェックをいれてください。→適用ボタンを押して、OKボタンをクリック。再びフォルダに戻ったら右上の×を押して、フォルダ画面を閉じてください。これで拡張子は表示されなくなります。
  
 
   
   
   ページトップへ  
 


こちらのサイトではより実践的な
手作りチラシの作り方を紹介しています。

広告・チラシの作り方

 
   
   
 
 
               
  当ホームページの文章の引用・転載は厳禁です。画像の持ち出しはバナーを除き、一切禁止とさせていただきます。
Copyright(C) 2010 AD-TIMES All Rights Reserve